×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国道299号武蔵横手駅斜め前あたりに関の入林道があります。
地図で見るとこういう沢沿いの林道は、運が良いとミヤマクワガタに
お目にかかれる可能性が高いので実際に植生を見に行ってきました。
入り口はちょっと見過ごすぐらいの所にあり車がすれ違うのには
ちょっと狭く、それでも舗装されているため奥の方まで進めます。
ただ、残念ながらヒノキ・スギがほとんどで、ここだぁ〜という
ポイントはなくて、ひたすら進むと有名な五常の滝まで来てしまいました。
道を踏み外して斜面を登るとコナラなどの広葉樹もあるのですが
そこまでしてミヤマを探すという感じの所ではないかな・・・。
ハイキングコースなのでゆったり歩くにはいいですよ。
多くの人が訪れる五常の滝

高麗石器時代住居跡

帰り道、何気なく寄った住居跡、住宅地そばの畑の隣にあります。
このバランス感覚が何ともいえない不思議な感じがします。
このあたりは縄文時代の遺跡が数多く発見されており
多くの人々が生活してた様子がうかがえます。
日高は歴史好きの人にはたまらない場所でしょう。

Copyright (C) 2008  P  All Rights Reserved